電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

長時間の残業をさせられたのに「管理職だから残業代を払わない」という会社側の主張に反論!訴訟で520万円以上の残業代を得た

  • cases619
  • 2020年09月29日更新
男性
  • 50代
  • 男性
  • 作物生産会社の管理職
  • 残業代請求
  • 管理職
  • 長時間労働
  • 訴訟
  • ■職業(雇用形態) 正社員
  • ■解決結果 訴訟により、520万円以上の残業代を得て解決

ご相談に至った経緯

Mさんは、作物を栽培する会社に、次長という役職で中途採用されました。
農業に従事する労働者については、法律上、深夜業を除く残業代の規定は適用されないこととされており、会社の業務は作物の栽培であったこと、Mさんが次長の地位として採用されており、管理職に該当するとされていたことから、Mさんには残業代が支給されていませんでした。

このような状況で、Mさんの残業時間は長時間のものとなっており、Mさんは体調を崩してしまいました。さらに、会社から転勤や降格を通告されたことから、最終的には合意退職をすることになりました。

ご相談内容

Mさんは、体調を崩すほどの長時間労働をさせられたにもかかわらず、残業代が支給されなかったうえ、転勤や降格を言い渡されて退職をせざるをえなくなったことから、相談にいらっしゃいました。

弁護士は、Mさんが勤務していた会社は、作物を栽培していたとはいえ、工場ともいえる室内環境で栽培をしており、温度や光などを人工的に管理していたことから、Mさんは農業に従事する労働者とはいえない可能性があること、Mさんは次長という地位にいたものの、仕事内容は会社がトップダウン式に決めることになっていたこと等から、管理監督者には該当しない可能性があることを説明しました。

Mさんは、会社から残業代が支給されなかったことに納得ができず、弁護士に交渉を依頼することにしました。

ベリーベストの対応とその結果

弁護士は、早速、会社に対し、Mさんは農業に従事する労働者とはいえないこと、Mさんは管理監督者とはいえないことを指摘し、残業代の支払いを請求する旨の内容証明郵便を送付しました。

これに対し、会社も弁護士に依頼したため、弁護士同士の交渉になりました。
しかし、会社側の弁護士は、Mさんが農業に従事する労働者であること、Mさんが管理職として採用されており管理監督者に該当することを主張し、残業代の支払いを拒否しました。
そのため、弁護士は、Mさんと打ち合わせをし、会社に対して未払い残業代等を請求すべく訴訟を提起することにしました。

訴訟の第一審では、裁判所から和解勧告もされましたが、会社との間で折り合いがつかず、判決となり、請求金額の一部が認められました。
これに対し、会社側が控訴してきたため、弁護士も附帯控訴をすることにしました。控訴審でも裁判所を交えて和解の話になりましたが、会社側が応じなかったため、判決となりました。控訴審でも第一審とほぼ同程度の金額が認められました。

控訴審判決に対しては、会社側もMさんも最高裁判所に上告をしたところ、最高裁判所から上告を受理しないという決定が出たため、控訴審の判決が確定しました。
結果として、請求金額全額ではないものの、かなりの金額の残業代を会社から受け取ることができました。

全国の各オフィスから寄せられた解決事例をご紹介しております。(※ベリーベスト法律事務所全体の解決事例となっています)

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

湘南藤沢オフィスの主なご相談エリア

藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町、相模原市、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村、小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町、横浜市、川崎市など、神奈川県内およびその他近隣地域

月額2,500円で弁護士費用を補償 追加費用0円で家族も補償対象に
ページ
トップへ